ヘッダをスキップ


ホーム > 企業情報 > プロフィール

グローバルスタンダードへ

1966年10月20日、『花の冠』という意味を持つトヨタ期待の新型車カローラ1100が誕生しました。

トヨタは発表前から大規模なキャンペーンを実施し、『プラス100ccの余裕』というキャッチフレーズで世間の関心を集めました。 すでに市場に出ているライバル車よりも性能、装備品など、あらゆる面で秀でているというイメージを訴えました。

このおかげで、カローラは発表前から高い知名度と注目度を誇りました。 衝撃的な発表会のあと第13回東京モーターショーに出品され、人々の注目を一人占めにしました。 さらに、一般ユーザー向けの発表会では実に130万人の来場者を集めました。

発売の11月には登録台数5,385台を記録し、強敵サニーの3,355台を軽く抜き去り、生産台数はどんどん延び、1966年は12,180台、1967年は162,555台記録、大衆車市場を独走しました。 その後、国内年間販売33年間第1位を記録しました。

初代のカローラ 現在のカローラ

2000年8月、日本のモータリゼーションをリードしてきたカローラは、新たな道へと進みました。
New Century Value-9代目カローラの誕生です。

私たちの生活のあり方や価値観が劇的に変化し、世界観が大きく広がり、そしてクルマにもその波がやってきました。 新しい時代にふさわしい、新しい価値観にふさわしい全く新しいクルマです。

私たちは世界中の多くの方々から愛されてきた歴史を、
これからも実感しさらに築かなければなりません。

ページトップへ